いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

来週に備えて

来週から時間がとれそうと前回の記事に書いた。
嘘になってしまいそう。


現実は逆。
来週から仕事に忙殺されるかもしれない。
また私の部署の人数が減らされそうだからだ。


忙しい=心が亡くなる=ゆとりがない。
今の私がまさにそう。
何だかいろいろ感情が麻痺しているような気がする。
でも、彼のことを偲ぶ・・思う心は絶対に亡くさないようにしなくちゃ。


幸い私の職場は残業代はきちんと出る。
残業が増える分、多分来月はいつもより給料が増えるだろう。
一段落したら、美味しいものを食べたり時間ができたら少し遠出したりしたいかな。
ちょっとそれまで待っててほしい。


明日は平日一日休みをいただいた。
土日と併せると3連休になる。
嵐の前に一休み、といった具合か。
リフレッシュして、来週からの仕事に備えないと・・

彼目線の夢の意味

最近、日々の疲れの影響で彼のことをゆっくり偲べていなかった。


もしかしたら彼目線の夢をよくみるのは、彼からの「忘れないで」ってメッセージなのかもしれない。


それとも余裕のない自分への戒めなのかな。


両方かも。



〇〇・・


最近、本当にカリカリしていてごめん。


〇〇や自分自身を顧みる時間がなくてごめん。


来週はほんの少し時間に余裕ができる。


お盆も近い。


お墓参りにも行くよ。


でもどんなに忙しくても、たとえ私に何かあっても。


〇〇のことは絶対に忘れないから、そこだけは安心してほしい。

ダルさがとれない

再び彼に関する夢をみた。
彼が出てくるんじゃなくて、また彼の目線で生活する夢。
何をしていたか、今となっては具体的には思い出せないけれど、”あぁ、彼はこんなに大変だったんだな”って実感したことだけは覚えている。


ただ、夢の中で彼のように頑張っていたせいか、それとも1日中エアコンにあたっているせいか、ここ最近本当にダルい。
寝ている時間は少なくはないのに、全然疲れが取れていない。
睡眠の質が悪いんだろうか。
でもエアコンを消したら消したで熱中症が怖いしな・・


今日は帰ってきたら、久しぶりに湯船にでも浸かろうかな。
みんなどうやって夏バテ対策をしているのだろう。