いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼との旅行~国立科学博物館~

2010年10月。
彼と私が地元と東京で遠距離だった時。
彼が東京に遊びに来てくれた。
前々から彼と、ここはどうしても行きたいね、と行っていた場所があった。
それが国立科学博物館だ。
彼も私も博物館や美術館が好き。
なので一回は行っておこう!ということになった。


彼が東京に来て3日目の午後に行こうって話になった。
で、当日。
入館してパンフレットを貰った瞬間、絶句した。
広い。広すぎる。
えぇ、彼も私も地元の博物館(見るのに2時間で時間が余るくらい)のノリだったorz
馬鹿だね。国立だから規模が違うってのに。
地上6階。地下2階。それぞれのフロアも広い。
今ならわかる。
半日で国立科学博物館をまわろうなんて無謀すぎる。
彼も私もネタバレ(?)を避けたくて、あまり事前に調べてなかったのが仇となった。


呆然としながら彼と、「どーするよこれ・・」「とりあえずまわろっか・・」なんて話をしながら展示物を見てまわった。
しかし当然見終わるわけがない。
最後はパンフレットをみながら、お互い興味のあるフロアだけまわった。
それでも駆け足だったけれど。
さすがに国立なだけあって、車椅子でも全然回りやすかったな。
レストランでちょっと早い夕食をたべながら、「こんなに広いなんて、国立博物館をナメていた。次は絶対ゆっくり全部みてまわろうね!」なんてリベンジを誓い合った。
彼へのお土産に、3Dクリスタルのストラップを内緒で買って渡したのはいい想い出。


彼は全部見れなくて本気で悔しそうだった。
私は博物館で興味のない展示物の解説文は読み飛ばすことが多いのだけれど、彼はそこまでじっくり丁寧に読んでいたから。
本当に探究心の強い人だった。
だからこそ、もう一度一緒に行ってみたかったな、なんて思う。

病院の帰り道、考えたこと

今日は仕事が終わった後、母の病院へ向かった。
母は一般病棟に移り、管もドレーン以外は全て取れた。
食事も普通食になり、病棟歩行もフリーとのこと。
経過は順調そう。
血液検査のデータがよければ今週末にでも退院できそう。


母とは40分くらい話した。面会時間ぎりぎりまでそこにいた。
話している感じはいつもの母と変わりなかった。
もちろん体力は回復していないので、退院してからも無理はできないけれど。
でも顔をみるだけで本当に安心した。


病院帰り。
私は安堵する傍ら、ふっと彼が入院していた時のことを思い出した。
たった6日間の入院。
日に日に素人目に見ても、容態が悪くなっていく彼。
気のせいだ、絶対良くなる・・と思ってもどうしても嫌な予感が拭えなかった。
結果、その通りになってしまったのだけれど。
確かにあの時は、彼がよくなって病院でリハビリや食事をしていたりだとか、そこに私がお見舞いに行ったりするイメージを持とうとしたが、どうしても想像できなかったことを覚えている。
あれはやっぱりありえない未来だったからだろうか。


彼の病状が良くなってまた一緒に過ごしたい、と願う傍ら、直感では彼がいなくなることを予測していた自分。
あの時の、心が千切れそうな感覚は今でも思い出すと胸が締め付けられる。
やっぱり彼がいなくなるのは最初から決まっていたことなのか・・と答えがでないことを考え、負の感情のループにはまりそうになった。


明日は彼との楽しい想い出を書き残したいと思う。

突然の母の入院

前回の記事を書いた後、実家の部屋でのんびりしていたら、突然父親が慌てた様子で入ってきた。
「母さんが呻き始めた!」と。
母はその時お腹の調子が悪い、と早めに休んでいたのだ。
両親の部屋に入ると近くのものを握り締めて呻いている母。
普段ちょっとのことでは痛みを訴えない母が、ここまで唸っているなんてただごとじゃない。すぐに救急車を呼んだ。


救急センターで造影CT、血液検査を行う。
その結果急性虫垂炎。いわゆる盲腸だ。
緊急手術が必要、とのことで土曜日明け方手術をした。
手術は無事成功。
虫垂がパンパンに腫れていたらしいが、すべて取り切れたらしい。
土曜日の昼間には麻酔からも完全に醒め、いつも通り会話も出来た。
経過は良好とのこと。少し安心した。


でも母が救急車で運ばれている時や、手術を受けている時は不安で不安で仕方がなかった。
”何か悪いものだったらどうしよう””命に直結するような病気だったらどうしよう””手術中に何かあったらどうしよう”
そして何よりも”もしいなくなってしまったら・・”なんて考えてしまい、悪い考えに押し潰されそうになった。
医療従事者である程度知識のある私でさえ、ある意味パニックになってしまったのだから、父はもっと不安や恐怖があったに違いない。


母は昔から身体が丈夫で、滅多に風邪などひく人ではなかった。
でもここ最近は疲れやすくなったり、体調を崩したりすることも増えてきていた。
年齢を重ねた・・ということもあるのだろう。
無理はできなくなってきているのだと思う。
この機会にしっかり療養してほしいと考えている。
入院自体は多分1週間程度だろうが、その後も無理はできないので、自分が実家に通うことになるな~。
ちなみに実家での家事は悪戦苦闘した。
母が、どこに何を置いているか全部を把握していなかったからだ。
今まで実家に帰った時は、母に甘えてのんびりしていた部分があった。
猛省した。母が帰ってきたらいろいろ訊いて、実家での家事もきちんとやれるようにしたい。