いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

薬局へ行って

彼は毎日医療行為を行う必要があった。
そのためしょっちゅう薬局に行き、医療品を買う必要があった。
地元には薬局がいくつかあったのだが、『何曜日にどこの薬局がセールしているか』『何曜日に何が安く売られる傾向があるか』なんてことをよく知っていた。
そこらの主婦より情報通だったかもしれない。


デートの時も、よく一緒に買い物につきあったっけ。
どうしても医療品は箱買いになることが多い。
買い物カートも車椅子を漕ぎながらだと、なかなか厳しいしね。
そこは私が、自慢の(女子にしては)怪力で荷物を持っていた。
彼は最初は申し訳なさそうにしていた。
「ごめんな、ナナドゴブ。こんな小間使いみたいなことさせて。荷物も持ってもらっちゃって。彼女の荷物を持つどころか、逆になってるしね」なんて。
「いやいや、自分の荷物くらい自分で持つよ!その心遣いは嬉しいけど!というより全然負担になんか思っていないしね。むしろ役に立って嬉しいよ!」なんて言ったら嬉しそうにはにかんでいたっけ。
そしてその後からは遠慮なく誘ってくれたっけ。
彼の生活に関われている気がして、嬉しかったのを覚えている。



今日薬局に買い物に行って、こんな些細なやりとりを思い出した。
そしてふっと我にかえる。
あの頃は、ごく自然に誰かのために何かをできていたな・・と。
今は、できていない気がする。
自分のことで精一杯で、周りが全く見えていなかった。
そのせいで、人を傷つけてしまったこともあった。
原因は多々ある。ありすぎる。
自分を冷静にみつめると、最近ひどすぎた。
自分の醜い部分をみるのはすごく辛いけれど、そんなことも言ってられない。
これからは自分の感情で突き進む人ではなく、相手のことをしっかり考えられる人になりたい。
そう、改めて思った。

車の中で

デートをする時は彼が運転することが圧倒的に多かった。
彼は「自分の車の方が乗り降りが楽だし、車椅子も入れたり出したりしやすいから大丈夫だよ」と言っていたな。
私の車は車高が高く、乗り降りするにはトランスファーボードを使っていたっけ、そういえば。
なので申し訳ないな・・と思いつつ、いつも車に乗せてもらっていた。


やっぱりそれだけ車に乗せてもらっていると、長距離も移動することがあるし、私も疲れてることがあるし、どうしても助手席で寝てしまうことがある。
本当に申し訳なかった。
6年間のうち寝てしまったのは、私が覚えているだけで3~5回ほど。
気づいたら寝ていてかなりの距離を移動していて、私は彼に申し訳なくて謝った。
彼が運転してくれているのに。
でも彼は”いや~あまりに気持ち良さそうに寝ているから起こせなくてww”なんて笑っていたな。
その時は「もー!!」なんて言っていたけれど、彼なりの優しさなんだろうな、きっと。
だって嫌な気はしなかったから。


車の中で寝てしまった件で、一回だけとても印象深かった時がある。
その日はショッピングをして疲れてしまっていた。
この日だけは彼の承諾をとり、シートを倒して眠ってしまった。
ただ完全には寝付けず、眠っていて目は開けられないけれど、車が走っているのはなんとなくわかる”半覚半眠”のような状態になっていた。
だから、”あ、今信号を曲がったかな”なんてことぐらいはわかった。
そして・・隣からたまに感じる視線。
彼だ。
信号で停まるたびにこちらに目を向けているのがわかる。
でもすごく優しい視線。
私は人の視線に敏感で、普段は見られることに抵抗があるのだけれども、その時は全然きにならず、むしろ心地よかった。
”あんまり見ないでよ~”なんて思いつつ、目を開ける気力がなかったので、その心地よい感覚に身を委ねてしまった。


あとで訊いてみたらやっぱり彼は見ていたらしい。
「寝顔が可愛くてついww」なんて笑っていたけれど、あの時の視線は何ていうか、愛おしいものを見る視線だっていうのは私もわかったので、かなり気恥ずかしかったのを覚えている。

彼へのTシャツ

今日、同志の方が私の大好物を送ってくださった。
本当に本当にありがとうございます。大切に食べさせていただきます。



断捨離・・思ったより自分の物が多くて驚いた。
燃えるゴミだけで、ゴミ袋10袋くらいになったのは笑ってしまった。
でもスペースは確保できたかな。
今回断捨離してみて、普段自分の掃除が行き届いていないことがわかったので、今週は帰ってきたら掃除に費やそう、うん。


彼の遺品を触っていると、Tシャツが何枚か出てきた。
ほとんど私があげたもの。
私が職場や友人たちと旅行に行った時に買ってきたもの。
いつしか彼へのお土産はTシャツになってたな。
よく着るって言っていたから。
彼は車椅子だったっためか、肩の筋肉がすごくてサイズは3Lじゃないと着られなかった。
探すのにとても苦労したことを覚えている。
あとは気に入ったデザインがあってもサイズがなかったりとか。
でも彼のアパートに行った時、彼がそのTシャツを着てくれていたりすると嬉しかったっけ。
「あ、そのTシャツ」「うん、ナナドゴブがくれたやつ。なかなかいい感じだよ」「でしょでしょ?(笑)私のセンス最高!」「・・・はいはい(笑)」
そんなやりとりもあったけな。懐かしい。
ちなみに私が一番彼に似合っていると思っていたのは、黒のTシャツで、〇ッキー〇ウスのロゴが入っているもの。
友人とディズニーへ行った際、お土産で買ったもの。
顔の見た目は厳つい(?)けれど、笑うとかわいい彼に似合っていた。




ちなみに理由はその時書く予定ですが・・
今月いっぱいで、ブログは一度ケジメをつけようと考えています。
なのでこれからの記事は、彼との想い出話が大半を占めると思います。
何のオチもない記事が増えると思いますが、彼との記録を書いて行きたいと考えておりますので、ご容赦ください。