いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

最初に弱さをみせてくれた時

彼と私が付き合ったのは2010年1月。
その時は2人とも地元にいたので毎週のようにデートしていた。
ちょっと手を繋いだだけでドキドキしていたな、あの頃は。


2010年2月の終わり頃。その日は自宅でぼんやりしていた。
すると彼からのメール。
『ごめん。急だけど明日会える?』と。
次の日は平日だし、急に誘ってくるなんて珍しいな。何かあったのかな?なんて心配しながらも承諾した。


次の日。平日なので夕食を一緒に摂る。
最初、ものすごく口数が少なかった彼。
でも意を決したように、仕事が体調のせいでなかなか上手くいかないこと、ご両親ともあまり上手くいっておらず、自暴自棄になりそうになっていること。
そんなことを話してくれた。
彼は泣きそうな顔をしていた。でも上手く泣けない、とも。
私は話を聴くことしかできなかった。


帰りの車の中で。
「ごめん。ナナドゴブさん。こんな話をしてしまって。でもふっとナナドゴブさんの顔が頭に浮かんで。話をきいてほしくなってしまった。」
彼が私を頼りにしてくれたこと、本当に嬉しかった。
だから素直にそう伝えた。
すると彼はありがとう、と静かに言ってキスしてくれた。
ちなみにその時、初めて彼とキスをした。
私は帰り道、この人の支えになりたい、これからもずっと一緒に生きていきたい、なんて思ったことを覚えている。


ちなみに彼はこの後、何度か私の前で涙を見せたがあまり感情的には泣いていなかったな。
自分の感情を思い切り出して欲しくて、泣いてもいいよ、とは伝えていたのだけれど。
やっぱりあまり上手く泣けない、なんて彼は言っていた。
いつか思いっきり泣いて、彼の中の負の感情を素直に出して欲しいと思っていた。
あちらでは、そんな感情もちゃんとだせていたらいいのにな。

彼との旅行~和雑貨巡り~

京都旅行の続き。

京都といえばやっぱり和のイメージが強い。

和のお菓子とか、雑貨とか、見ているだけで楽しくなる。


京都に行った時、彼と一緒に和の雑貨をみてまわったりもしたな。

時には彼そっちのけで(笑)

桜の形をしたイヤリングとか、金木犀の練り香水とか、綺麗な髪留めとか。

みているだけでワクワクしてたっけ。

彼を随分長い間待たせてたような気がする。

悪いことしたな。

そういえば、クローバーの柄のポーチをそこで彼に買ってもらった。

今は、アクセサリー入れとして使っている。


こんな風に想い出を振り返ると、連動して次々と記憶が甦る。

大切な記憶として、ちゃんとしまっておかないと・・


あ、そういえば。

雑貨屋をめぐった後のご飯。

2月だというのにざるうどんを頼んで、彼にドン引きされたことも思い出した(笑)

・・・その頃の私はざるうどん大好きだったからな~

ちなみに彼は温かいお蕎麦を頼んでいたな。

多分それが普通なんだろう。

彼との旅行~京都国立近代美術館~

彼とは東京だけじゃなく、京都にも旅行に行ったことがある。

2011年の2月。

桜とか紅葉の時期はものすごく混むよね、とのことで、冬に旅行したのだ。

・・京都の寒さを甘くみていた。

お互い、寒いね~なんて言いながら、身体を寄せあってデートしていたのを覚えている。


その時は京都国立近代美術館に行った。

バスに乗車して数十分。

立派な建物の前に着いた。

晴れていたけど、相変わらず寒い。

足早に建物の中に入った。


その時、京都国立近代美術館ではある画家さんの個展をやっていた。

偶然だが、彼も私もかなり好みだった。

描いてある場面はお世辞にも明るい場面とは言えず、色彩もかなり暗いものだった。

でもただ暗いだけじゃなく、絵の中から繊細な哀しみとか、寂しさとか、ほんの僅かな希望とか・・絵の場面と相まって読み取ることができた。

そこに惹かれたのかもしれない。

彼も同じように感じていたらしく、「この絵、すごく繊細な迫力があるよね」なんて言いながら一緒にみてまわっていた。


あっという間に見終わり、彼とこの美術館を選んで良かったね~なんて言いながら、カフェで温かいお茶を飲んだ。

ちなみにその後別のカフェを通りかかった時に、ものすごく美味しそうなフルーツパフェがあって、彼とここでお茶すれば良かったね~なんて残念がったことを覚えている。



そしてあの時みた絵の画家さん。

ずっと名前を思い出せなかったけど、この記事を書くために調べたら記録が残っていた。

相変わらず、好みだった。

この方の個展が近くで開かれたら、行ってみようかな。