いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

昨日、桃を供えてあげたかったと記事に書いた。
すると今日、職場の方から新鮮な桃をいただいた。
偶然なのか、彼が仕組んだことなのか。
というより、そんなに桃が食べたかったのか。


彼がいた頃、特別好きだという話は聞いたことがなかった。
もちろん嫌いでもなかっただろうけど。
あ、でも旬のものは好きだって言っていたな。
だからこそ、なのか。


桃はとても瑞々しくて美味しかった。
もう一度買ってこようかと思うくらいに。
彼にも食べさせたかったな。
いや、それとも味わえているのかな。


日常生活をおくっていくなかで・・
こんなちょっとしたサインも今まであったかもしれない。
でも多分見逃していたものもあったと思う。
これから心に余裕のない生活をおくることになるんだろうけど、サインはあんまり見逃さないようにしたいな。

32回目の月命日と夢

昨日、8月4日は32回目の月命日。
諸事情があり、いつもの月命日と同じように手作りの料理を作ったり、花を買ったりすることはできなかった。
ただ昨日は近くで花火があり、それを見に行った。
夜空に打ちあがる無数の花火。
フィナーレは特に綺麗だった。
”彼のところにこの花火が届いていますように。そして彼があちらの世界で楽しく穏やかに過ごせていますように”
そう祈った。


そのせいなのかなんなのか・・
彼が夢に出てきた。
いや、出てきたというよりも電話で話すといった感じ。
夢の中でも彼はいなかった。
私もそれはわかっていた。
ただ、あちらの世界の彼と短い時間だけ電話で話せた。
実際にはありえないこと。


電話ではお互いの近況を話した。
全ての内容を覚えてはいない。
ただ『会えない』って言われたことは覚えている。
”今は”会えないのかそれとも”もう”会えないのかは明言していなかったけれど。
というより”もう”会えないだったらショックだ。
いつかは会って、ちゃんと頑張ったよって伝えたい。
そう思いながらも、夢の中の私はわりと冷静だった。
自分の身体が、心が、彼はもういないことをを受けとめ始めているのかもしれない。


あと・・最近こんなことをし始めたよって、近況も彼に報告した。
報告した内容は現実世界でも実際にやっていること。
すると彼は電話の向こうで『俺もいいと思うよ』・・そう言ってくれた。
肯定してくれた。

本当に嬉しかった。自分の行動を認めてもらえた気がして。
私が鈍感で感じられないだけで、彼はこちらを見守ってくれているのかもしれない。
目が覚めた後、そう、素直に思えた。


今日は花を買って供え、夢に出てきてくれたことへのお礼を言った。
本当は今が旬の桃も供えたかったけれど、いい桃がなかった。
明日は買ってこよう。


また忙しい1週間が始まるけど、何とか頑張って見せるからね。

来週に備えて

来週から時間がとれそうと前回の記事に書いた。
嘘になってしまいそう。


現実は逆。
来週から仕事に忙殺されるかもしれない。
また私の部署の人数が減らされそうだからだ。


忙しい=心が亡くなる=ゆとりがない。
今の私がまさにそう。
何だかいろいろ感情が麻痺しているような気がする。
でも、彼のことを偲ぶ・・思う心は絶対に亡くさないようにしなくちゃ。


幸い私の職場は残業代はきちんと出る。
残業が増える分、多分来月はいつもより給料が増えるだろう。
一段落したら、美味しいものを食べたり時間ができたら少し遠出したりしたいかな。
ちょっとそれまで待っててほしい。


明日は平日一日休みをいただいた。
土日と併せると3連休になる。
嵐の前に一休み、といった具合か。
リフレッシュして、来週からの仕事に備えないと・・