いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼への手紙

〇〇へ



お元気ですか?最近急に寒くなりましたね。
それともそちらは寒いとか、暑いとかは関係ない場所なのでしょうか。
そちらの生活には慣れたでしょうか。


〇〇がいなくなって、もう2年と10ヶ月が過ぎましたね。
必死になって生きていたので一日一日は長く感じていましたが、ふり返ってみるとあっという間だったようにも感じます。


今日。
この日が過ぎたら、私は〇〇よりも長く生きることになります。
29年と3ヶ月と3日。〇〇がこの世にいた時間。
それを越えてしまうことになります。
〇〇より年上になるのは嫌だ、そこまで生きたくないと思っていた時期もあったので、ほんの少し切ないです。


ここ最近。
〇〇との想い出を振り返っていました。
楽しかったこと、嬉しかったこと、そして少し悲しかったこと。
いろいろな感情が思い起こされました。
そしてその中で、改めて〇〇がどれだけすごい人だったかを実感していました。
どれだけ私を愛してくれていたのかも。
〇〇の彼女になれて本当に良かったと思っています。


残念だけど私はもう、〇〇を幸せにしてあげることはできません。
私が胸を張った生き方をすることで〇〇を安心させる・・ということはできるかもしれないですが、直接何かをしたりだとか、話を聴いたりだとかはもうできないです。
お互い、歯痒いですね。
〇〇も同じように想っているのでしょうか。
もしそちらにも幸せと感じる概念があるのであれば、私は〇〇に幸せであってほしいと思っています。
そちらのことがわからないから、私は〇〇のことを知ることができないけれど。


私はずっと思い悩んできました。
私とつきあって良かったのかと。私とつきあわなければ〇〇はもっと幸せになれたんじゃないか、長生きできたのではないか、と。
でも私は、たった6年間だったけれど、〇〇と一緒にいられて本当に嬉しかった。
つきあえたこと、私自身の主観では後悔していません。
例え全てがわかったうえで〇〇と出会う前に戻っても、私は〇〇とつきあうことを選ぶでしょう。
〇〇が私に見せてくれた最高の笑顔。
愛しているよという言葉。
改めて思い返してみて、疑うことの方が失礼だと思いました。
あの時〇〇も幸せを感じてくれていたのだと、最近素直にそう思うことができるようになりました。


ここまでけっこう偉そうなことを書きましたが、私はこれからも後ろを振り返ることがあると思います。
時には涙を流して、あなたに心配をかけることもあるかもしれません。
でも少しでも〇〇に誇りに思ってもらえるように。
〇〇があちらで安心して、幸せになれるように。
自分なりのペースで、しっかり自分の人生を生きたいと思っています。


そして。
遠い未来なのか近い将来なのかはわからないですが、私がそちらに逝った時。
もし再会できるのであれば、逢いたいです。
そして離れていた時のこと、一緒に過ごした想い出を笑いながら語り合いたいです。


最期の時、躊躇して言えなかったけれど、私と一緒に同じ時間を生きてくれて本当にありがとう。
愛しています。
どうかお元気で。



ナナドゴブ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。