いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

渦巻く嫌な気持ち

ここのところ、ブログの記事で何て書こうか悩む時がある。
吐き出したい思いがないというわけではなくて、祥月命日の時から自分自身の気持ちが『会いたい』という軸から全然動いていないのだ。
それはもうびっくりするくらいに。
自分の気持ちを正直に表すと、ブログの記事内容もタイトルも全部”会いたい”の一言で片づいてしまう。
それは流石に気持ち悪い。


その原因は多分いろいろあって。
もちろん2年間彼に会えていないから、純粋に会いたい気持ちもあるのだけれど。
一番は多分現実・・自分自身から逃げ出したいから。
彼のいない未来を生きていかなくてはいけない現実。
そして彼がいなくなって2年間経ちながらも、根本的に変わっていない自分。
頑張れていない自分。
仕事も彼の供養も何もかも中途半端な自分。
そんな自分から逃げ出したいから。
逃げる=会えるじゃないし、一番良くない思いだとわかってはいるのだけれど。


でも今の私には逃げ場がない。
自分の本心を・・しっかり打ち明けられる人がいない。
愚痴を言うくらいなら、家族や友人でもいいのだけれど。
自分をまるごと受けとめてくれる人は、もうこの世にいないのだ。
彼は、もういない。
それがわかっているからこそ、何とか自分なりに方法をみつけて凌ごうとしてきた。
一人でひたすら泣いたり、彼とエアデートしたり、家族や友人との時間を持って見せられる部分の弱音を吐いたり、一緒の時間を楽しんだり。
だけどそれだけじゃもう、自分の本心を誤魔化しきれないくらい、多分私は追い込まれている。
彼に会えたら多分悩みも吹き飛ぶし、そもそも彼がいたらこんなことを考える必要もないのだけれど。


あぁ、こんなことを考える自分が一番嫌だ。
彼がせっかく好きだと言ってくれたのに。
自分自身が嫌いな自分に逆戻りしそうだ。
最悪。
彼に対して失礼だ、彼が好きだった自分を見失いたくないと思うけれど、その思いさえ今は負の感情にはじき返されてしまう。
あーあ、また負のスパイラルか。


とにかく今は耐えるしかないんだと思う。
耐えた先に何があるのか自分でもわからないけれど。
とりあえず明日からまた仕事。
プライベートではどんな感情を垂れ流してもいいのかもしれないけど、仕事上ではそういうわけにはいかないからね。
今夜は自分の感情に身を任せて、明日の朝には切り替えをしよう。
まだ足りないようなら、アパートに帰ってきて好きなだけ負の感情に浸ろう。

コメント欄について

今回はコメント欄についてです。


このブログではそこまで多くないのですが、コメントをいただくこともあります。
いつもありがたく読ませていただいています。
同志の方からのコメントが圧倒的に多く、いつも勇気をもらったり、共感したり、そのような考え方もあったんだ、と思うこともあります。


コメントには基本、全て返信させていただいています。
私はコメントをいただいた際、記事を書く前に返信しています。
そのため、基本的に返信は夜になります。
それなりに考えて返信しようと考えているため、日中の合間に返信することが私の場合なかなか難しいです(仕事のことも考えながらというのがなかなか難しいため)


しかし最近、仕事が忙しくなりブログにアクセスすることもままならなくなりました。
そのため、一昨日コメントをしてくださった2名の方への返信が、1日以上遅れてしまいました。
大変申し訳ありません。


これからもこのような状況が続くかもしれません。
しかし必ず全てのコメントには目を通しますし、返信は絶対にします。
懲りずにコメントくださると嬉しいです。



ナナドゴブ

家庭の味

今日(日付的には昨日か)、仕事の後、実家近くで研修があったので帰りに実家に寄った。
母が夜食を作ってくれたのだけれど、これがまあ涙が出るほど美味しく感じた。
慣れ親しんだ味だからか、母の料理はやっぱり食べると安心する。
ここ最近、忙しくて心が擦り切れていたけど、明日からまた何とか頑張ってやろうという気になれた。
母は偉大だ。


味を再現したくて母に料理をいろいろ訊くのだが、「調味料はこれとこれを適量よ~」と言われる。流石長年の主婦だ。もはや勘なんだろう。
何とか見よう見まねでやる。
でも・・食べられるが母の味とは違うものが出来上がってしまう。
悔しい。


私は料理は特別下手、というわけではないが上手くもない。
普通だ。
私の手料理を何度か彼に振る舞ったこともあったけれど、あんなもので彼は満足していたんだろうか。
彼のお母さんも料理上手だと聞いていたし。
美味しい、とは言ってくれたけど、安心感とか癒しとかそれ以上の何かは与えられていなかっただろうな、あんな料理じゃ。
もっともっと6年の間に腕をあげておくべきだったな。
これだけは誰にも負けないっていう料理が、一つでもあれば良かったかな。
あーあ。


彼と結婚して。
お互い料理をして。腕を高めあって。
彼と私の「家庭の味」を作りたかったな、とも思っている。