いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

命日の決意

祥月命日なので更新。


今日は3回目の祥月命日。
彼がいなくなって3年ということになる。
命日、ということでやっぱり心はざわざわするけれど、昨年や一昨年よりは動揺していない自分がいる。


今日も静かに彼を偲ぶことができた。


このブログの最後の更新から1ヶ月。
いろいろあった。
今でさえキャパを超えているのに、仕事が来年からますます忙しくなりそうであるということ。
ずっと入院していた家族の病気の悪化、そしてもう長くないという宣告。
心が折れそうになっていた。
いや、もしかしたら折れてしまったのかもしれない。


でも、それでも。
私は生きると決めている。
這い蹲ってでも生きてやろうと思っている。
どんなに叩き潰されても。何度倒れても。
前向き、とはちょっと違う。
多分、意地だ。


これからどんな人生が待っているのか、私にはわからない。
でも私の命もいつかは尽きる。
それまでは生きる。
そうすることが自分の人生を生ききった、どんなに辛いことがあっても耐え抜いた彼に対する手向けじゃないかと思っている。


私は生きる。


実は挫けそうだったので、彼の命日に改めてそう決意し、書き残しました。

ご挨拶と皆様へのお礼

いつもこんな拙いブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。
とりあえずこの記事をもって、私のブログは一段落です。
今後今までのように更新はしませんが、彼との想い出や自分の正直な思いが書いてあるので、消すことはないと思います。
ただ彼との想い出をふっと思い出した時に、ひっそり更新するかもしれません。
ブログを綴ることで自分の気持ちの整理になるとわかったので、もしかしたら死別と全然関係ない、全く別のブログを始めるかもしれません。
日本ブログ村からも外れるかもしれません。


私の周りで若年でパートナーと死別した人はほぼ皆無でした。
なのでこのブログを始めた時は無我夢中でした。
初めて経験する感情、行き場のない思い、身を引き裂かれるような悲しみ、寂しさ、怒り。
それらをとにかく吐き出したくて。同じ経験をされたどなたかと繋がりたくて。
必死でした。


ここでは自分の感情を隠さずあるがままに書いていたので、お見苦しい点も多々あったと思います。
それでもブログで自分の気持ちを吐き出すことによって、随分と救われました。
また同志の方との繋がりも持て、中には実際にお会いすることが出来た方もいました。
お会いして、笑いながら時に泣きながら愛する人のことを話すことができ、普段周りの人には話せない感情を昇華することができ、負の感情を持っている自分を否定せずにすみました。
さらにいただいたコメントや、他の方のブログを読み”あぁ、なるほど。こんな考え方もあるのか”とか”私だけじゃない、この方もこんな場面で同じ思いをされているんだ。でもこんな風に乗り切ったんだ”と学ばせていただくことも多々ありました。


彼がいなくなった後、今まで何とか踏ん張ってやってこられたのも、わずかながら成長できたのも、皆様のおかげです。
本当に本当にありがとうございます。
感謝してもしたりないほどです。
どうか皆様の日常が、少しでも穏やかなものになるよう願っております。



ナナドゴブ

自分の中でのケジメ、一区切り

このブログを始めてしばらくした頃。

いずれはブログを一区切りしなくてはいけないとは思っていた。

それは私が立ち直った時かな、となんとなく漠然と考えていた。


でもしばらく、彼がいない中過ごしてみて。

立ち直るなんて無理だと思うようになった。

この痛みは癒えることはあるのかもしれないが、完全に消えることはないと。

立ち直るのではなく、この痛みを抱えて生きていけるようになったら、と考えてはいたのだけれど。

多分、私の性格上それに甘えてズルズルと引き延ばしてしまいそうだった。


その時ふっと彼の言葉を思い出した。

「ナナドゴブはたまに俺を弟のように扱うけど、俺の方が年上だもんね~。そしてその差は絶対縮まらないからね~!」

彼は私より肉体的にも、精神的にも年上であることを願っているみたいだった。


だから。

彼より長い時間を生きたのだとしたら。

それはもう、私はまだこの世界で生きていけということなんだ、と勝手に解釈することにした。

2018年10月29日。

私が彼の生きていた時間に並ぶ日。

この日を過ぎても私がいるのなら、ブログを一区切りつけようと、もうずっと前から決めていた。

皮肉にもこの10月29日は、最後に彼と外でデートした日。私を看取ってくれると約束した日。

偶然とはいえ、何かあるのかな・・と考えてしまう。


そして今、私は生きている。

29年と3ヶ月と4日目。

この世にいる時間は彼を追い越してしまった。

なのでとりあえず今月いっぱいで、一区切りをつけようと思う。


ブログを始めてから約2年と10ヶ月。

たくさんの自分の感情と向き合ってきた。

彼との想い出とも。

自分自身、このままでいいと口では言いながら、内心変化しない自分に焦りを感じていた部分があった。

でも振り返ってみると、彼がいなくなった直後と今では自分もだいぶ変わった。

ノロいスピードだけど、気づかないうちに自分の時間が進んだのだろう。

前はそれに抗おうとしていたけれど、今は少しずつ受け入れている自分がいる。

これもある意味"時薬"なのだろうか。


彼との記憶を"優しい想い出"とするのは、多分まだ時間がかかる。

まだ傷は塞がっていないし、立ち止まったり蹲ったりすることもあるだろう。

それでも何とか歩んでいきたい。

彼が好きになってくれた自分で。

今の自分を造り上げたのは、彼との時間と彼がいなくなった後の自分の踏ん張り。

そう思って、それを自分の一部として認められるようになったらいいな。