いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼のこと(2)

彼のこと。まだまだたくさん書きたい。
この記事で書いていないこと。
2年9ヶ月経って新たに気づいたこと。
書いていこうと思う。


彼は痩せていればかなりイケメン(しょっぱなから失礼な)
昔の写真を見て、驚いたのを覚えている。
私と出会った時は、すでに顔が丸かったっけな。
でもあの柔和な顔が私は大好きだった。
彼は猫が大好き。そしてゴキブリが大嫌い。
実家で猫を飼い始めようと言ったのが彼。
そしてゴキブリと格闘した時、女子みたいな悲鳴をあげて逃げ惑っていたっけ。


自分ではポーカーフェイス!なんて言っていたけど、考えていることとかその時の感情とか、ぱっと見たらけっこうばればれだった。
いつも指摘したら、目を白黒させていたっけ。
あーあと、ナナドゴブをエスコートするから!なんて言って、いつも空まわりしていたのがおもしろかったな。
俺、一応年上だからリードしたい・・なんて落ち込んでいる様子が可愛かった。
そして弟気質があるのか、よく甘えてくれたりもしたっけ。


あとは、彼は相手のいいところをちゃんと見ようとする人だった。
どうしても人間、短所が目につきやすい。
癖の強い人でもちゃんと相手のいいところをみつけて、それに合った言葉かけができる。
文字に起こすと簡単そうにみえるけど、そう簡単なことじゃない。
そういう所は本当に尊敬していた。
あぁ、そういえば普段はそんなに歳の差を感じなかったのに、時々ひどく大人びて見えることがあったな。
相手の全てを受け入れて、悪い所も赦せているような、本当に器の大きい人だったからだろうな。
そんな人の彼女になれて、本当に良かった。


彼のこと。
本当はまだまだ書くことはたくさんあるのだろう。
でも記憶が改竄されていることもあるし、薄れていることもあるんだろう。
残念だけど。
最初に彼のことをブログに書いた時、もっともっとたくさん書けばよかった。
ちゃんと記録として残しておけばよかった。
あの頃は辛すぎて、記憶にすら目を向けることができなかった。
記憶が想い出に変わりつつある今、穏やかに振り返ることはできるようになったけれど、それじゃ遅かったかな、なんて後悔している。


でも彼が最高の男性だったことは忘れない。絶対に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。