いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

8回目の月命日(3)

お墓から帰る途中、夕日がものすごく綺麗だった。
数年前、彼と同じような場所で夕日をみたことを思い出す。
懐かしい。
こんな感情すら知らなかったあの頃。
少しセンチメンタルになってしまった。


アパートに帰る途中で夕食の買い物をする。
夕食は今回も最後の最後まで悩んだ。
結局、鶏肉の甘酢煮とホウレン草の胡麻和えを作った。
昼、夜と和食っぽくなってしまったけどまあいいか。
味はそこそこだと思いたい。


そういえば国道を走っている時、花火が上がっているのが見えた。
方向からして彼の住んでいた街。
今日だったんだ、知らなかった。
花火大会・・・彼ともよく行っていたなぁ。
去年も遠目からだけど花火をみたしな。
今も彼がいたら一緒に見に行っていたかもしれない。
でも今日も一緒にいたと信じたい!!
そしてあの花火は彼からの贈り物だと思いたい。
かなり図々しいけれど。


8回目の月命日もゆったりと落ち着いて過ごすことができた。
危惧していた堕ち込みもなかった。
今は感情が麻痺していて、これからくるのかもしれないけれど。


とりあえず明日からはまた現実と向き合わなくちゃいけない。
仕事も最近、結構佳境。
夢に出てきて欲しいな。
力を貸してね、○○!


8回目の月命日(2)

お墓へ行く途中でも相変わらず天気は良かった。
車の窓から見える風景はとても平和で。
本当に彼はいないのか?なんてまた思ってしまった。
彼は今日、仕事をしていて私だけが休みを取ってこんな風にしているのではないかと。


途中で花とお供え物を買う。
彼の好きな和菓子と暑いのでカットスイカ。
それを持ってお墓に向かう。
墓地へ着くと平日+中途半端な時間とあってか広いのにいるのは私一人。


彼のお墓につき墓誌をみる。
そこにはやっぱり彼の法名と命日が刻まれていた。
それをみてドッカーンと落ち込む・・・ことはなかった。不思議なことに。
あぁ、やっぱりそうだよね、くらいにしか思わなかった。
彼はここにいるんだと。


いつもより時間をかけてお墓の掃除をし、花と和菓子、スイカを供える。
前回のお墓参りから1ヶ月近く経っていたので、その間にあったこと、仕事のこと、プライベートなこと、たくさんたくさん泣かずに話すことができた。
もちろん愛してる、という気持ちを込めて。
彼は今どこにいるんだろう、何をしているんだろう、それが答えとして返ってきたらホントに嬉しいのにな~なんて思った。
ヒグラシが心地よく鳴く中、ぼーっとした時間も含めてけっこう長い時間彼と向き合うことができたと思う。
こんなに穏やかにお墓参りができたのは久しぶりだ。


そして「またお盆に来るからね」と言って彼のお墓をあとにした。

8回目の月命日(1)

今日は有給を申請し休んだ。
本当は毎月4日は休みたいが・・・そんなわけにはいかない。


今朝、夢に彼は出てこなかったが夢の内容は覚えていた。
私が念力を身につけて、手に触れずに物を持ち上げることができていた。
でもまだコントロールがつかず、練習しているという夢。
変な夢。というか念力なんていらないから、彼がみえる様になってくれたらいいのに。


昨日からやたらと彼と一緒に食べた海鮮丼が頭に浮かんできていた
なのでお昼から彼と一緒に行ったことのある和食店に行こうとしたが、少し遠いため今から行くと営業時間に間に合わない。
午前中、ぐずぐずとしていないでもっと早く準備しておけば良かったと、自分自身の愚鈍さに腹をたてながら出かける。
それでも気分は和食だったので似たような店を探し、食べた。
値段はそこそこしたが、かなり美味しかった。
本来行こうとしていた和食店には、後日きちんと計画をたてて行こうと思う。


その後は彼と海沿いをひたすら突っ走るエアドライブデート。
晴れていて本当に良かった。
抜けるような青空に、キラキラと波間が輝いている海。
「見て!かもめが飛んでるよー」とか「海岸から離れた所に岩があるよ~あそこまで泳いで行けるのかな~」とか「かわいいお店があるよ」とか助手席の彼の写真に語りかけながら運転した。
返事はもちろんない。わかっているとはいえ、ほんの少し寂しい。


初めて走った道もあって、新しい発見もあったりして。
彼の好きな昔ながらの家が並んでいるような場所も走ったりして。
これを彼と共有したかった。いや見えないだけで助手席にいたんだと信じよう。
心穏やかに、気持ちよく過ごせたから。


この後、彼のお墓に向かった。
少しだけ緊張していた。
会えるかもしれないという気持ちと、現実を突きつけられる恐怖。
その両方があった。