いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

あと1日

今週は、なぜかとても長く感じた。

火曜日あたりから体力が尽きはじめ、昨日なんかは臨時の仕事がばんばん入ってきて、へとへとになってしまい、すぐにベッドへダイヴした。

もともと要領も悪くてトロい私。

ちょっと仕事の量が増えたらすぐこれだ。


でも今週もあと1日、明日で終わる。その後は2連休。

久しぶりになーんにも用事のない休み。

部屋の掃除とか、物の整理とか、行かなきゃいけない場所とか、いろいろあるけれどもう何にもやる気しないや。

頭空っぽにしてひたすらぼーーーーっと過ごそうと思う。


脚がつった

さっき布団に入って思い切り身体を伸ばした。

いきなり伸ばしたせいか、ふくらはぎがつってしまった。

思わず「痛ーーー!」と声に出した。

その時またリアルにフラッシュバックした。

彼の「イテテテテ!」という声を。


彼は脚を自分では動かすことができない。

でもずっと動かさないでいると、筋肉が強張って脚がつったような状態になる(らしい)。

「痛い」という感覚はそこまでないが、ものすごく変な感じになると言っていたな。

よく「イテテテテ!またなってしまった」って言っていたな。

その予防のためによくマッサージとかしていたっけ。

あと定期的に脚をベッド上に上げたりだとか。

いろいろ思い出してしまった。


「イテテテテ!」という声のトーンと彼の表情、両方くっきり思い出せるのにどうして彼はいないんだろう。

というか、本当にいないのか?昨日聞いたかのように思い出せるのに?

そんなことを考えてしまってまた凹んだ。


テレビ

一人暮らしを始める時、テレビを買った。

実家ではあまりテレビを観る習慣がなかったから。

これで好きな時に好きな番組を観られる!!と嬉しかった。


彼がいなくなる前は、よくテレビを観ていた。

朝はニュース、夜はバラエティ番組、休日はDVDなんかを観ていた。

疲れた時はお酒を飲みながら、とりだめた番組を観るのが至福の時だった。

おもしろい番組や情報があった時は、彼にも話した。

美味しそうなものや綺麗な場所が紹介されていた時は、いつか彼と行きたいなぁなんて思っていた。


彼がいなくなった今、テレビに全く興味がなくなってしまった。

というか、観るのが苦痛だ。

真面目なニュースはまだ何とか大丈夫だ。

でも人が亡くなったってニュースを観ると反応はしてしまう。

バラエティは本当に厳しい。全く面白いと感じなくなってしまった。

人が笑っているのをみると反射的に消してしまう。

何でこの人たちは笑っているんだろう、と自己中心的なことを考えてしまう。

何度かトライしてみたけれど、7ヶ月以上経った今でも無理だ。

CMもなかなかだ。

結婚式場やマイホームのCMなんかでるともう完全にアウトだ。

おかげで今、テレビは完全に部屋の中でオブジェと化している。


彼がいなくなる前に録った番組がいくつかあるが、観ることができず、かといって消すこともできず、そのままにしてある。


テレビが普通に観られるようになったら、少し前に進んだといえるのか。

でもそんな日は来るんだろうか。