いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

一緒に・・たくさん観た

彼が一人暮らしを始めた2014年5月。
どうしても一緒にやりたいことがあった。
彼が一人暮らしをしないとできないこと。
それは一緒にパソコンで動画を観たり、DVDを観たりすること。


え?って思われるかもしれない。
でも彼は車椅子だったので、漫画喫茶等にはそう簡単には入れない。
何かを共有して観るということに、何となく憧れていた。
実際、彼の部屋でまったりしていた時は映画のDVDを観ることが多かった。
パソコンでYouTubuを観たり。
ジャンルはアニメとか、コメディとか、動物動画とか。
時には手作りの料理とかお菓子を食べながら。


彼と私の好きなもの。
それを一緒に観て、お互いの感想を言い合って。
何でもない日常の一コマだけど、本当に穏やかで幸せな時間だったと思う。
そういえば死別系のアニメを観た時、私が泣いてしまったこともあったっけ。
彼はフィクションだから・・と泣いてはいなかったけれど、それが実際に私達の身に起こってしまった今、どう思っているんだろう。
ラブコメディとか観た時は、自然に手を繋いでいたっけ。
普通のコメディを観た時は、お互い微妙に笑いのツボが違って、それもまた面白くなって2人で顔を見合わせて笑ったりとか。
本当に思い返してみると、いろいろなことがあったなぁ。


こんな風に何気ない日常がずっと続くんだと思ってた。
結婚した後、何年経っても。
もう、叶わないことだけれどね。
日常が叩き壊されるのは一瞬なんだって、あの時の私は知らなかった。


彼がいなくなって1週間後。
彼の部屋である遺品をみつけた。
海外のB級パニック映画のDVD。多分、私のために買ったものだ。
一緒に観ようと思っていたんだろう。
そのDVDは今、私の部屋にある。
でも何となく観ることができていない。
いつか・・観られる日が来るんだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。