いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

あの時どうして気づかなかった


この日のことで、以前書いたこと以外にもう一つ印象に残ったことがある。
彼の傍にいた時、彼が突然全身を震わせたのだ。
わずか3秒ほどだったけれど。
『外傷による痙攣だ!マジか・・』と思ってしばし呆然としていた。
そばにいた看護師さんは「痙攣とかじゃないと思うんですけど・・」と言っていたが、いや、どうみても痙攣だろ!と一人でツッコんでいた。


脳が損傷を受けると、その影響でてんかん発作のようなものが起きることがある。
慢性化することも決して少なくない。
この時思ったのが『あぁ、もし後遺症で慢性のてんかんになってしまったらどうしよう。車の運転ができなくなるな~。地元は車必須だからどうするかな~』だった。
彼のこれからの生き方を心配していた。
そう、生き方。
彼はこれからも生きていけると、そう思っていた。
前日、言葉を交わせたのもあって油断していた。


今から思うと何てチンケな悩みだろうと思う。
もしてんかん発作が慢性化したのであれば、それ相応の対策を講じればいい。
不便かもしれないけど、やり方はいくらでもあるはずだ。
彼がいないことに比べたら、そんなことどうでもいいほどの悩みだ。


・・もしかしたら、あの痙攣がこれから起きる合併症の前触れの症状だったのかもしれない。いや、きっとそうだった。
何でそのことにあの時気づかなかったのだろう。
気づいていれば、もっと傍にいた。時間を作った。
馬鹿だね、本当に馬鹿。
ここ数日、あの時のことを振り返って自分の愚鈍さに呆れるばかり。


.................................................................................................................................


〇〇、こんなこと言っちゃいけないってわかってるけど、あなたに生きていてほしかったよ。ねぇ戻ってきてよ。
会いたいよ、本当に会いたい。
あなたの笑顔をまた見たいんだよ。


・・・今日の記事は支離滅裂だ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。