いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

雪を掻き分けお墓参り

夕方。
実家に帰っていたのもあって、どうしてもお墓参りに行きたくなった。
ただお墓は山の奥。
冬は雪が降ってしまうと道が閉ざされてしまうことが多い。
だから彼のお墓には祥月命日以来行っていなかった。
もう2ヶ月半、行っていないことになる。
でも一時期雪がひどかったけれど、ここ最近はわりと暖かい日が続いている。
もしかしたら行けるかもしれない・・と思い、花を買って車を走らせた。


道は・・何とか空いていた。
でも駐車場はほとんど空いていなかったし、お墓も雪で埋まっていた。
長靴を履いて、何とかお墓まで行く。
やっぱり誰も来れていなかったのか、2ヶ月前の花が枯れてどろどろになっていた。
それを新しい花に変える。
そして蝋燭と線香に火をつけた。
夢に出てきてくれてありがとう、ということと、近況、そしてこれからのことを話した。
寒かったしお墓にいたのは15分ほど。
それでもやっぱりお墓参りをすると気持ちが少し落ち着いた。
そこに彼はいないとわかっているのだけれど。


帰り、車からお墓を見ると、雪の中彼のお墓だけ花があり火がついていたので、そこだけとても綺麗に見えた。
彼が少しでも喜んでいてくれたら嬉しい。
来週の月命日もお墓に行くつもりだったけれど、あれだけの量が積もっていたら来週までには絶対に融けきらないだろうな~
早く、お墓で彼とゆっくり語り合えるようになりたいな。
暖かかくならないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。