いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

お彼岸のお墓参り(1)

9月24日。彼のお墓参りに行った。
ゆっくり時間をとって。
彼の好きな和菓子屋で、おはぎも買っていった。


お墓参りにきたのは彼の誕生日以来。
半月ちょっとしか経っていないけれど、話すことはたくさんあった。
簡単に掃除をして、お供えをして、線香をつけて彼に報告。
相変わらず返事はなかったけれど、届いていると信じたい。


そういえば・・今思えばこれはサインじゃないか、と思うものはあった。
その日は雨が降っていたのに、彼のお墓参りをしている時だけは雨もあがり、陽もさしていた。おかげでゆっくり彼と語らうことができた。
お供えをした後どこからともなく黒の蝶(多分、黒アゲハ?)が飛んできて、ヒラヒラと私の身体のまわりを舞っていた。
なんとなく動けずにいたら、私の周りを最後に1周してどこかに飛んでいった。
振り返ったけれど、その蝶がどこに行ったのかわからなかった。
その時に何となく彼がいるのかな?と感じた私。
空に蜻蛉が飛んでいるのが見えたので、”ねぇ、もしそばにいるんだったら、あの木の枝に蜻蛉をとめてみてよ”なんて冗談半分に語りかけた。
すると、本当にその枝に蜻蛉がとまった。


偶然と言われればそれまでだけど、彼が見守っていてくれるような気がして嬉しかった。
”ありがとう”と最後にお墓に語りかけて、その場をあとにした。


彼がサインを出しているのかな?とわかることはあっても、彼が今何を思っているのか、何を語り掛けたいのか、までは感じ取ることはできない。
それがわかるようになればいいのにな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。