いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

そんな人に

仕事は相変わらず忙しい。
私の部署は人員が1人足りない状態が続いている。
たった1人・・かもしれないが、もともとの人数が少ないので大ダメージだ。
目まぐるしく時間が過ぎて息つく暇もない。
鬱憤も無意識のうちにたまっていたのか、残業しながら涙ぐんでしまっていた。
どこかにもやもやした思いを吐き出したくて、正直ブログに当り散らしてやろうと思っていた。
ものすごい怨嗟の言葉を考えていた。


でも・・ある人にかけられた言葉で、そんな気持ちがすーっとなくなっていった。
あんなにぐっちゃぐちゃな気持ちだったのに、ほんの一言二言で。
不思議な感覚だった。
なんて言うんだろう。自分の欲しい所に欲しい言葉を投げかけてもらったというか。
自分でも気づかない気持ちに気づけてもらえたというか。
凄い人だと思った。


私は彼を、そんな風に癒してあげられただろうか。
いや、多分できていなかった。
これに関してはものすごく後悔している。


でも・・私に声をかけてくれた人のようになりたいという思いはある。
人の気持ちをしっかり汲んであげられる人。
ちゃんと人をみることの出来る人。
そう簡単なことではないと思うけど。
まずは自分だけで手一杯のこの状況を打破しないとね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。