いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

前を向く、ことについて

前回の記事を書いた後、少し考えてみた。
『前を向く』ということについて。
私は多分、前を向くということについて、かなり高めにハードルを設定していると思う。


仕事も(しんどいけど)している。
中途覚醒なく睡眠をとれることが多くなった。
食事もある程度食べられるようになった(過食はするけど)
家族や友人と出かけられるようになった。
楽しいと感じることが増えた。
泣くことは泣くけど叫ぶことはなくなった。
これだけみれば、客観的には前を向いているのかもしれない。


でも私は未だに幸せになろうとは思えない。
”彼との出来事には意味があったんだ”とか”彼の分まで生きる”とか”幸せになりたい”とか・・そんな思いはない。
彼との出来事を過去に置きたくないし、どうしても生きることに積極的になれない。
以前の記事に「親より先には逝けない」とは書いたけれど、どうしても!という思いでもなくて。
その日が来たとしたら、多分私は受け入れる。
怖く感じるかもしれないけど、葛藤を感じるかもしれないけれど、それでも最終的には受け入れると思う。


「彼はナナドゴブが幸せになることを望んでいるよ」
そういう人が多数だろう。
私も頭ではそう理解してるし、私が第三者の立場でもそう言うと思う。
でも・・そんな理屈で心から納得できたら、苦しんでないわけで。
私自身、前を向こうとすらしない自分に嫌悪感を感じている。


私が本当の意味で前を向いたと実感できるのは、心の底から「生きたい!」と思った時だろう。そんな日が来るかわからないけれど。
まだまだグリーフの道は険しそうだな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。