いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

渦巻く嫌な気持ち

ここのところ、ブログの記事で何て書こうか悩む時がある。
吐き出したい思いがないというわけではなくて、祥月命日の時から自分自身の気持ちが『会いたい』という軸から全然動いていないのだ。
それはもうびっくりするくらいに。
自分の気持ちを正直に表すと、ブログの記事内容もタイトルも全部”会いたい”の一言で片づいてしまう。
それは流石に気持ち悪い。


その原因は多分いろいろあって。
もちろん2年間彼に会えていないから、純粋に会いたい気持ちもあるのだけれど。
一番は多分現実・・自分自身から逃げ出したいから。
彼のいない未来を生きていかなくてはいけない現実。
そして彼がいなくなって2年間経ちながらも、根本的に変わっていない自分。
頑張れていない自分。
仕事も彼の供養も何もかも中途半端な自分。
そんな自分から逃げ出したいから。
逃げる=会えるじゃないし、一番良くない思いだとわかってはいるのだけれど。


でも今の私には逃げ場がない。
自分の本心を・・しっかり打ち明けられる人がいない。
愚痴を言うくらいなら、家族や友人でもいいのだけれど。
自分をまるごと受けとめてくれる人は、もうこの世にいないのだ。
彼は、もういない。
それがわかっているからこそ、何とか自分なりに方法をみつけて凌ごうとしてきた。
一人でひたすら泣いたり、彼とエアデートしたり、家族や友人との時間を持って見せられる部分の弱音を吐いたり、一緒の時間を楽しんだり。
だけどそれだけじゃもう、自分の本心を誤魔化しきれないくらい、多分私は追い込まれている。
彼に会えたら多分悩みも吹き飛ぶし、そもそも彼がいたらこんなことを考える必要もないのだけれど。


あぁ、こんなことを考える自分が一番嫌だ。
彼がせっかく好きだと言ってくれたのに。
自分自身が嫌いな自分に逆戻りしそうだ。
最悪。
彼に対して失礼だ、彼が好きだった自分を見失いたくないと思うけれど、その思いさえ今は負の感情にはじき返されてしまう。
あーあ、また負のスパイラルか。


とにかく今は耐えるしかないんだと思う。
耐えた先に何があるのか自分でもわからないけれど。
とりあえず明日からまた仕事。
プライベートではどんな感情を垂れ流してもいいのかもしれないけど、仕事上ではそういうわけにはいかないからね。
今夜は自分の感情に身を任せて、明日の朝には切り替えをしよう。
まだ足りないようなら、アパートに帰ってきて好きなだけ負の感情に浸ろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。