いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

命日の決意

祥月命日なので更新。


今日は3回目の祥月命日。
彼がいなくなって3年ということになる。
命日、ということでやっぱり心はざわざわするけれど、昨年や一昨年よりは動揺していない自分がいる。


今日も静かに彼を偲ぶことができた。


このブログの最後の更新から1ヶ月。
いろいろあった。
今でさえキャパを超えているのに、仕事が来年からますます忙しくなりそうであるということ。
ずっと入院していた家族の病気の悪化、そしてもう長くないという宣告。
心が折れそうになっていた。
いや、もしかしたら折れてしまったのかもしれない。


でも、それでも。
私は生きると決めている。
這い蹲ってでも生きてやろうと思っている。
どんなに叩き潰されても。何度倒れても。
前向き、とはちょっと違う。
多分、意地だ。


これからどんな人生が待っているのか、私にはわからない。
でも私の命もいつかは尽きる。
それまでは生きる。
そうすることが自分の人生を生ききった、どんなに辛いことがあっても耐え抜いた彼に対する手向けじゃないかと思っている。


私は生きる。


実は挫けそうだったので、彼の命日に改めてそう決意し、書き残しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。