いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

上司への怒り

※まず始めに、今回の地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
私にできることは今は募金くらいしかないと思いますが、少しでも力になれたらと考えています。




7月終わりから1ヶ月以上、部署の人数が足りない状態が続いている。
もともと最低人数だったのに更に減ってしまっているので、明らかにキャパオーバーの仕事量だ。
最近、同じ部署の人の目が濁っているのに気づいた。
多分、私も同じような目をしているのだろう。


そして上の人間は誰かをこの部署に回すでもなく、人員補充をするでもなく、のらりくらりと問題を先送りしている。
今は何とか仕事をこなし、形になっているからだろう。
一人一人が無理をしていてその状態なのに。
何度も上にはそれを訴えているのに、結局具体的な対策は講じずうやむやのまま。
私達が無理をしているのは、患者やその家族のためだ。
あんたらが解決するための時間を稼ぐためじゃない。
そう大声で叫んでやりたい。
上司の無能さをこんな所で思い知ることになるとは思わなかった。


「何とか頑張ってくれ」そう上司は言う。
頑張れって言葉は使いようによっては、慰めにも凶器にもなる。
今は明らかに後者だ。
”いや、私達は頑張ってるんだけど?これ以上更に壊れるまでやれってこと?馬鹿なのか?”なんて思ってしまう。
例えばいついつまでにこうするからそれまでは!って言われれば、目標があるからまだやれる。多少の無理だってできる。
でも今はそれすら見えていない。提示されていない。
ふざけんなと言ってやりたい。


このままだと絶対にいつか誰か倒れる。
そうなったら、本当に私の部署は機能しなくなるだろう。
そうならないとわからないんだろうか。
不思議だ・・というより部下の仕事をきちんと把握していないんだろうな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。