いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

昨日、桃を供えてあげたかったと記事に書いた。
すると今日、職場の方から新鮮な桃をいただいた。
偶然なのか、彼が仕組んだことなのか。
というより、そんなに桃が食べたかったのか。


彼がいた頃、特別好きだという話は聞いたことがなかった。
もちろん嫌いでもなかっただろうけど。
あ、でも旬のものは好きだって言っていたな。
だからこそ、なのか。


桃はとても瑞々しくて美味しかった。
もう一度買ってこようかと思うくらいに。
彼にも食べさせたかったな。
いや、それとも味わえているのかな。


日常生活をおくっていくなかで・・
こんなちょっとしたサインも今まであったかもしれない。
でも多分見逃していたものもあったと思う。
これから心に余裕のない生活をおくることになるんだろうけど、サインはあんまり見逃さないようにしたいな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。