いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

病院の帰り道、考えたこと

今日は仕事が終わった後、母の病院へ向かった。
母は一般病棟に移り、管もドレーン以外は全て取れた。
食事も普通食になり、病棟歩行もフリーとのこと。
経過は順調そう。
血液検査のデータがよければ今週末にでも退院できそう。


母とは40分くらい話した。面会時間ぎりぎりまでそこにいた。
話している感じはいつもの母と変わりなかった。
もちろん体力は回復していないので、退院してからも無理はできないけれど。
でも顔をみるだけで本当に安心した。


病院帰り。
私は安堵する傍ら、ふっと彼が入院していた時のことを思い出した。
たった6日間の入院。
日に日に素人目に見ても、容態が悪くなっていく彼。
気のせいだ、絶対良くなる・・と思ってもどうしても嫌な予感が拭えなかった。
結果、その通りになってしまったのだけれど。
確かにあの時は、彼がよくなって病院でリハビリや食事をしていたりだとか、そこに私がお見舞いに行ったりするイメージを持とうとしたが、どうしても想像できなかったことを覚えている。
あれはやっぱりありえない未来だったからだろうか。


彼の病状が良くなってまた一緒に過ごしたい、と願う傍ら、直感では彼がいなくなることを予測していた自分。
あの時の、心が千切れそうな感覚は今でも思い出すと胸が締め付けられる。
やっぱり彼がいなくなるのは最初から決まっていたことなのか・・と答えがでないことを考え、負の感情のループにはまりそうになった。


明日は彼との楽しい想い出を書き残したいと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。