いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

飲み物の小話

彼とのちょっとした想い出。



彼とは6年間の間、数え切れないほどデートした。
その中でよく一緒に行ったのがファーストフード。
場所によってはドライブスルーもあったので、わざわざ車から下りる必要がない。
なのですごく重宝していた。
そしてその時、よく一緒に頼んでいたのがジンジャーエール。
彼も私も好きだった。
あっさりしているし、炭酸ですっきりしているし飲みやすかったのだ。


でもあるデートの日、喫茶店に入った時。
お互い、ジンジャーエールを頼んだ時が衝撃だった。
彼は辛口、私は甘口。
え!?ジンジャーエールに辛口と甘口があったの?なんて無知な私は思っていた。
辛口を美味しそうに飲む彼。
私も一口もらったのだけど、本当にTHE・生姜という感じだった。
私の中のジンジャーエールのイメージは完全に甘口の方だったのだけれど、多分本来は辛口の方なんだ・・とその時初めて知った。
彼に「すごいね、大人だね」と言うと、「うーん、俺にとっては普通かな。どっちも美味しいしね」なんて言ってたな。
何だかその時、彼が大人びて見えたっけ。


そういえば、私はホットコーヒーも以前はブラックで飲めなかった。
アイスコーヒーもブラックでは苦手だったかも。
でも彼がコーヒーの好きな人で、一緒にいろんなところのコーヒーを飲んだっけ。
そうしていくうちに自然と飲めるようになったな。
むしろ、今は自分からコーヒーのブラックを頼んでいるかも。
ちなみに彼と私のお気に入りは、コ〇ダ珈琲のコーヒーを飲みながら、甘味のシ〇ノ〇ールを食べること(伏字の意味ないかも)
よく一緒にそこで「今度のデートはどこに行こうか」なんて相談してたな。


私はここ10年くらいでかなり、食の嗜好が変わったと思う。
それは自分が歳を重ねたからか、としか思っていなかったけど、こうしてみると彼の影響もあるのかもしれない。
自分の中に、彼が根付いているような気がして少し嬉しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。