いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

仕事と家庭

今日も結局一日中ごろごろしていた。
最近ダメ人間に拍車がかかっている気がする。


明日からはまた仕事。
行きたくない、と思う。
多分、新しい患者さんも来ている。
行けばやらなくてはいけないことが山積みなのは明らかだ。
また残業残業の日々が続くのかと思うと正直うんざりする。


昨年春、部署の業務体制が変わって。
昨年秋、病院全体の方針も変わって。
その頃から業務量が圧倒的に増えた。
だから人も増やした。
ただ新人さんが慣れるまでは、こちらがある程度負担しなくてはいけない。
以前の倍くらいに増えた業務をこなすのに必死だった。
必然的に仕事中心の生活になり、帰りが8時9時なんてザラだった。
今もそう。
体力的には別に問題ないのだけれど、心に余裕はやっぱりなくなるね。
ちょっとしたことで感情的になったり、翻弄されたりしてしまう。
良くないな、そういうの。


そして時々妄想する。
彼が生きていたら私はきちんと仕事と家庭、両立できたかな、と。
たらればの話をしても仕方がないのだけれど。
彼と、2016年の末か2017年の頭には籍を入れたいね、なんて話していた。
だから多分もう結婚していただろう。
いわゆる新婚生活、と言われる時期だ。
今みたいな生活をしていたら、彼との時間が全然取れなくて、ぎすぎすした雰囲気になっていたかもしれない。
家事とかもきちんとできていなかったかもしれない。
余裕がなくて、彼にひどいことを言ったり八つ当たりしたりしたかもしれない。
彼に嫌われていたかもしれない。
・・・そんなことを考えて怖くなった。
いや、もう今の姿をみて普通に幻滅してるかも・・・なんて更にネガティブなことも考えていた。


私が彼に妻として認めてもらうためには、いくら一人でも仕事と家庭生活をちゃんと両立させないといけないのかもしれない。
今の私には、なかなか難しいけれど。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。