いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

1日(2日?)早いクリスマス

前回の記事を書いた後、ケーキを買いに行った。
本当は明日買おうかと思ったのだが、周りの幸せそうな様子を見るのが嫌だから、という実に子どもっぽい理由で今日にした。
今は多分、心の余裕がない。


車でお気に入りのケーキ屋へ行く。
でも私の思惑は外れ、到着すると車がたくさん停まっており、中に入ると予約したケーキを取りに来ている人でごった返していた。
・・・甘かった。
明日も休みだから、今日のうちにクリスマスパーティーをやる家も多いのか。
ケーキはまだあるか心配になったが、それは大丈夫だった。
なるべく周りを見ないようにして、ケーキを選ぶ。
去年と同様、迷いに迷って3種類のケーキを購入した。
去年は買えなかったシャンメリーも購入。

帰って彼にお供えした。
シャンメリーも一緒に供えて乾杯する。
ちなみにこのグラスは、3年前の冬のデートの時お揃いで買ってもらったものだ。
彼の部屋で食事をする時は、必ずこのグラスを使っていたっけ。
普段は割れたら困るので使っていないが、今日は久々に出した。


そして彼と話をしながらケーキを食べる。
久しぶりに彼とゆっくり話しながら食事ができた気がする。
最近は私がばたばたと慌しくて、彼との時間も取れていなかったからなぁ。
そういえば、彼とつきあってからのクリスマス。
外食をすることはあっても、こうやって家でパーティーをすることはなかったな。
結婚して、彼と新居でゆっくりクリスマスを過ごすのも悪くなかったんだろうな。
いや、きっと楽しいに違いない、安らげたに違いない。
そんなことを思って少し切なくなった。



さらに今日は一つ、嬉しいことが。
数日前に記事にした大切なものが今日、見つかったのだ。
もう絶対にない、どこかに落としたんだ・・と諦めきっていた。
本当に良かった。安堵した。
悩み事が一つ減っただけでも、今の私にとってはとてもありがたいこと。
彼のおかげかな?ありがとう、〇〇。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。