いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

バレンタインデーの思い出(1)

私たちがつき合い始めたのが2010年1月24日。

初めてのバレンタインデーは3週間後だった。


当時、彼の好みもあまりわかっていなかったので、「何を作ろう。どうしようか。」と思い切り悩んだ記憶がある。

思い切って訊いてみても、「甘いものは好きですし、ナナドゴブさんの作る物なら何でも良いですよ♪」と言われる始末。←(当時はまだ敬語だった)


悩んだ末、チョコチップクッキーを作ることにした。

以前作った際、家族や友人にも評判が良かったので、多分まずくはないだろうと思ったからだ。

渡すと彼は予想以上に喜んでくれ、なんとその場で食べてくれた。

すると食べながら無言になる彼。

よく見ると涙ぐんでいる。

ヤバい!!好みに合わなかったか?不味かったか?無理して食べてるんじゃないか!?と思った私は慌てて、「○○さん、無理しなくていいですよ~」と言った。

すると彼は笑いながら、「いやいや、美味しいですよ!この涙は違うんです。ちょっとアレルギー(?)がありまして・・・」と今から考えると、無理な言い訳をする彼。

ただ、当時バカ単純だった私は、「そっかーなら良かった」と勝手に納得した。


つき合ってもう少し経ってからこの時のことを訊いてみると、感激のあまり涙ぐんでしまったらしい・・・そしてそれを誤魔化すために嘘をついたんだとか。

可愛いじゃないか!!!と笑ったら、彼は拗ねてしまった。

でもそれ以来、毎年バレンタインデーはそのクッキーをリクエストされるようになった。


今年も作るつもりだったんだけどな。

日曜だったし、デートもしたかったな。

クッキーを食べて「おいしい!!」と言って笑ってくれる彼はもうどこにもいない。

切ないなぁ・・・

温度差

昨日、彼に会いたいという気持ちが込み上げてどうしようもなくなった。

思わず母親に電話してしまった。

母親も自分の母(私のとっては祖母)を早くに亡くしている。

なのでわりと話しやすかった。

そしていろいろ愚痴をこぼした。泣いてしまった。


20分くらい話をしていた頃だろうか。

電話の向こうで父親の気配がした。

そして何かふざけていたらしく、母親がそれに突っ込んで笑いあっていた。

私の話を中断して。

普段だったら別に何とも思わないだろう。むしろ、「ハイハイ、仲良いですね~」と私も突っ込んでいたかもしれない。


でも気分が下がっている今の私にはキツかった。

電話の向こうでは、「仲の良い夫婦」という私たちが叶えられなかったものがあって。

彼がいないことは、両親にはそこまで影響がないということをまざまざと見せ付けられたような気分になった。考えたら当たり前なんだけど。

久々に胸から何かが込み上げて耐えられなくなり、「ごめん、切るね。」と言って、一方的に電話を切ってしまった。

そしたらあちらからかかってきたけれど出る気力がなく、「ごめん。今日は無理。」とだけLINEを送って、一切出なかった。


そして布団をかぶってわんわん泣いた。彼の名前を呼び、会いたいと泣き叫んだ。

「お願い!出て!!」なんて言いながら、携帯番号やスカイプ、LINEやfacebookの無料通話で彼に電話をかけまくった。

もちろん出るはずがない。

私はだいぶ壊れていると思う。


やってしまった。両親は悪くない。

ただ私の心が弱いだけだ。

両親なりに心配をしてくれているのは、私だってよくわかっていたはずなのに。

もうちょっと落ち着いたらちゃんと謝らなきゃ。

気だるい

身体が重い。

肉体的な疲れもあるのかもしれないけれど。

精神的なものも大きいと思う。


今まではいきなり胸に刺さるような悲しみが襲ってきて、それに合わせてよく泣いた。

「○○、寂しいよ!!会いたいよ!!!!」と心の中で叫んでいた。

なのに今週半ばから何か違う。

悲しみ、寂しさ、怒り、未来への絶望。

そんなものが身体全体にズシッと圧し掛かって、身体中にまとわりつき、じくじくと蝕んでいく感じ。

突き上げるような痛みはないけれど、身体中に鉛を埋め込まれた感じ。

動くのも、考えるのも、泣くのも億劫だ。

何もかもが面倒くさい。

もう何もかもどうにでもなればいい、勝手にして、なんて考えてしまう。


これはけっこうマズい兆候かもしれない。

私の中の生きたいという欲望がゼロになっていく。

でも積極的に逝きたいわけでもない。

何なんだろう。この感覚は。


なにもせず、考えず、ずーっとずーっとひたすら寝ていたい。

夢の中で彼に会って、そっちが現実だと錯覚するぐらい長い時間、眠ることができたらいいのに。