いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

父の日

今日は父の日なので、家族で買い物へ。
枕がほしい、ということで買うととても喜んでくれた。
こちらが驚くほどに。
”子どもからのプレゼントは何だって嬉しいもの”なんだそうだ。


彼がいなくなってから、父は私のすることにあまり干渉しないで見守ってくれた。
これからも親孝行はしたいと思う。
でも怖い。
私は両親とは別居だ。
あと何回、父に会えるだろう。
たまにそんな思いが脳裏を掠める。
突然日常から大切な人がいなくなる怖さを知ってしまったから。
彼がいなくなるまで考えもしなかったこと。


もう誰も大切な人にいなくなってほしくない。
そんなむちゃくちゃな願いを考えてしまった。


せめて・・少しでも後悔しないように。
定期的に顔は見に行かなきゃな、とは思っている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。