いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

お通夜、そしてその後・・・

前回の記事の続き。あの時のこと。
※泣きながら書いた+当時の記憶が曖昧なので、ところどころおかしな表現があるかもしれません。



彼のお通夜が始まろうとしていた。
私も慌てて席に座ろうとする。
すると彼の両親が私を手招いた。
なんと私に親族席の一番前に座ってほしいとのこと。
ご両親、彼のお姉さんと並ぶ形だ。
流石にそれは・・と一度は遠慮したが、「あの子の葬儀だから、あの子の一番喜ぶことをしてあげたいの。どこかで見ていると思うし。あの子はあなたと家族になりたがっていたから。そうしてあげたいの。」というご両親の言葉をいただき、座らせていただくことにした。


その席からは遺影が良く見えた。彼の遺影を見る。仏頂面の彼。
でもその顔に私の大好きな笑顔がダブって見えた。
彼との想い出、記憶。最後に会った時のこと。
いろいろなことを思い出して泣いてしまった。
お坊さんが読経をしている間、ただただ涙を流していた。
そして焼香。彼のご家族から。そして私も一緒に。
事情を知らない方からしたら、「誰あれ?」という感じだろう。
でもそんなこと、もう気にならなかった。
彼に焼香しながら、「どうか見守っていてほしい」なんてお願いしたっけ。
今から考えると、本当に自己中心的な願い。
彼に悪いことしたな。


お通夜が終わった後、彼のご家族と一緒に参列客のお見送りをする。
みんな、泣いていた。
号泣している同級生らしき人もいた。
”良かったね、〇〇。みんなあなたのことが大好きなんだよ。
そりゃ優しくて素晴らしい人だもの。当然だよね。
そんな人の彼女でいられて、私は幸せだよ。”
悲しい中でも、そんな風にも思った。
お見送りをした時「この方はどなた?」と訊いてこられた人もいた。
その時彼のご家族は「あの子の大切な人」と答えてくださった。
それが嬉しかった。


お見送りが終わった後、彼の棺に再び向かった。
小窓を開け、彼の顔を見る。
納棺式の時と変わらぬ顔の彼がそこにいた。
穏やかで眠っているような顔。でももう二度とその眼が開かれることはない。
あのはにかむような笑顔を見せてくれることもない。もう二度と。
そんなことを思って胸が締め付けられた。
彼の顔を私の手を隔てているのはアクリル板一枚だけのはずなのに、なんだかものすごく遠くに彼がいるような気がした。
号泣しそうになるのを抑え、できるだけ笑顔で穏やかな声でこう言った。
「明日、また来るからね」と。
外に出た途端、寒さが身に染みたことを覚えている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。