いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

母の日

今日は母の日。
実家に帰り、母と一緒に買い物に行った。
夕食も一緒に作った。
楽しそうな母の顔が見られて良かったと思う。


でも・・
母に何が欲しい?とか昼は何が食べたい?って訊いてもすぐに「ナナドゴブはどれがいいの?」なんて訊いてくる。
いや私が母に訊いているんだけど・・
そしてふと気づく。
多分、私や兄弟の意向をこれまで何年も優先してきたんだ、と。
もうそれが、母自身も気づかぬうちに当たり前になってしまっていること。
それほど私は大事に思われていたこと。


有難いと思ったけれど、同時に申し訳なくなった。
これからは母自身がいろいろなことを選択してほしい。
そのためには心配をかけないようにしなきゃね。
やっぱり親より先には逝けないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。