いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

ありえない

彼がいなくなって、感情の起伏があまりなくなった部分はある。
特に怒りの感情。
ここは怒るべきところなんだろうな、と思っても怒るのが面倒で適当に流す。
怒るのはエネルギーを使うからね。
・・なんだけど、久しぶりに腹がたったことがあった。


数日前。
友人に用があって電話した。
この友人は4月に転職して、私と同じような職種に就いた。
電話で話していると声が暗く歯切れも悪い。
何かあったのかと思い、今日食事に誘ったのだ。


食事を食べながら、友人がぽつり、ぽつりと話し出した。
部署の空気が最悪なこと。
質問をしても答えてくれない時もあること。
自分が何か悪いことをしたか、悩んでいること。
まぁ仕事もあんまりできないしね、と友人は自嘲気味に笑っていた。


・・・ないわ。
普通にないわ。
ありえない。
新人を萎縮させてどうする。
仮に友人が悪かったとしても、注意すればよいだけの話だし無視はありえない。
というか入って1ヶ月の新人に一体何を求めているんだ。
私らと同じようにばりばり仕事してたら、そっちの方が驚きだわ。
・・・と久しぶりに憤慨してしまった。
まぁ私は愚痴をきくことくらいしかできないけれど。
友人が最後の方は笑ってくれたので、まだ良かったかな。


帰り道。
自分が1年目のことを思い出していた。
彼と死別した年でもある。
新人+そんなことがあったものだから、今思い返すと全然仕事ができていなかったように思う。
でも先輩は嫌な顔一つせずにフォローしてくださった。
感謝してもしきれない。
私も4月から4年目。中堅といわれる部類に入る。
部署に新人も入ったし、今度は私が恩返しできたらいいな。
とりあえず今日の友人の話を聞いて、本当萎縮させないよう気をつけようと思った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。