いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

病み期(2)

※前回の文章に引き続き、不快な表現があると思います。
そしてとっ散らかった文章です。







「まだ若いんだから落ち着いたら恋愛しなよ」
「ナナドゴブが幸せになることを彼も望んでいるよ」
何回もかけられた言葉。つい最近も言われた。
でもこれはこれで私を抉る。


確かに私は若年で配偶者と死別する人の中でも、更に若い方に入るんだろう。
20代で婚約者と死別している人なんて、私の周りにはいない。
でも若いということは、それだけ自分の寿命までの時間が長い可能性が高いということ。
それだけの時間、歯を食いしばって生きなくてはいけないということ。
考えただけで眩暈がするし、気が遠くなる。
この2年間過ごしてみて、最愛の人を喪って心に開いた穴は、どう頑張っても塞ぐことはできないと実感した。
自覚しないようにしたり、隠したり、見ないようにすることはできるけれど。
そんな時間がずっと続くのだ。
その傷を持ったまま、生きていかなくちゃいけないんだ。
私はそんなに強くない。いつか挫折してしまうと思っている。


何で自分なんだって思ってしまう。
周りの友人や他の20~30代の知人は皆人生を楽しんでいる(ように見える)
結婚したり出産したり、家を建てたり。
幸せそうに笑っている人が多い(実際はどうか知らないが)
なのに何で自分はそうなれなかったんだろうって思う。
今まで平々凡々に人生を歩んできた。
それなりに努力をしたこともあった。
ものすごくいいことをしてきたわけでもないけれど、ものすごく悪いことをしたわけでもない。
至って平凡に生きていた。
そして”普通に”幸せになりたかった。
彼と一緒にいられたらそれで良かった。
周りの人と同じように。
これはそんなに贅沢な願いじゃないと思うんだけどな・・・


でもなれなかった。最愛の人とこんなに早く別れなくちゃいけなくなった。否応なしに。
本当に何でなんだろうって思う。悔しい。
私だって確かに幸せだった。3年前なんてすごく満ち足りていた。
一瞬で幸せなんて壊れてしまうんだと、身をもって自覚した。


新しい恋愛?
何でそんなこと言われなくちゃいけないんだろう。
彼をずっと想い続けていて、別に誰かに迷惑をかけたわけじゃない。
「彼に会いたいよー」なんて誰彼構わず泣き喚いていたわけじゃない。
なのにどうして?
私は静かに彼を想うことすら許されないのか。
最愛の人を心に留めておくことすら許されないのか。
何で前に進む=新しい恋愛なんだろう。
正直意味不明だ。


「彼はナナドゴブが幸せになることを望んでいる」?
そりゃそうだと思うよ。人の不幸を願う人ではなかったし。
でもそれと新しい恋愛は全然関係ないと思うんだけれど。
そもそも彼から私は何も聞いていない。
最後に聞いた言葉は「頑張って治すから」だ。
”一緒に生きたい”って意思表示だけだ。
それ以外は何も聞いていない。
だからわからない。彼が何を思っているかなんて。
見えない、聞こえない、私もわからない彼のこと。
勝手に代弁してもらっても困る。それも自分に都合の良いように。
私に立ち直ってもらいたいから、また恋人を作ったらいいんじゃないかっていう思いを、さも彼が思っているかのように言うなんて卑怯だ。
それならストレートに言ってくれた方がいい。
「新しい人作った方がいいよ」って。
その方がよっぽど対処しやすいし、気持ちの折り合いがつく。



ふー、こうしてみると、すっごいヤな奴だね自分は。


でも吐き出さないとやってられなくなったので、書かせていただきました。
お目汚し失礼しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。