いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

想い出を書きたいのだけれど

最近負の感情ばかり書いているから、彼との想い出を書きたいと思うのに。
まだまだ書いていない想い出がたくさんあるのに。
書き始めると、どうしても文章を打つ手が止まってしまう。
ブログを立ち上げた時、想い出を書き残すことも目標だったはずなのにね。


そういえばあんなこともあったな。
こんなやりとりもしたっけ。
こんな風にいろいろなことを思い出す。
更にはその時の彼の表情。声。そしてその時の自分の感情。
昨日のことのよう・・とは言えないけれど、そんなに遠い過去のこととは思えない。
そのぐらいリアルに思い出す。
そして次の瞬間、こんな時間はもうないんだって思って絶望する。
負の感情ごと想い出を心の奥底にしまいこむ。
まだ彼がいなくなった直後の方が、思い出を書き記せていた気がする。


思い出すのが辛い、ということは、ある意味で自分は現実を受け入れつつあるのかもしれないけど。
書き残せないのもやっぱり辛いね。
一番怖いのは”忘れていく”ことだから。


少しずつ・・心に余裕がある時、泣いても次の日に支障が出ない時。
そんな時に書いていくしかないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。