いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

2年越しのプレゼント

2015年のクリスマス。
私は彼にサプライズでスヌードをあげようと決めていた。
このことは以前の記事にも書いたと思う。
結局、買う前に彼は逝ってしまったのだけれど。
もっと早く買っていれば、せめて棺の中に入れてあげられたのに。
ずっと、ずっと後悔していた。
だからいいスヌードがあったら買おうと思っていた。
でも昨年の冬はしっくりくるものがなかったから、結局買えなかった。


でも・・今年の冬はようやくいいスヌードをみつけることができた。
ディープグレーでアラン模様のスヌード。
彼のイメージと違和感なく重なって即購入した。
彼が似合うワインレッドのセーターにもぴったりの色だし、通勤時のスーツにも合わせられる。
彼がこれを身につけている姿が容易に想像できた。
直接手渡しできないのが、何とも切ないけれど。


12月初めにみつけて購入していたのだけれど、何となく今日、クリスマスまではとっておいた。
仕事から帰って夕食を作った後、彼の前にお供えする。
そしてその時初めて、彼の写真の前でスヌードを見せた。
そして彼の写真が入っている写真立てにスヌードをぐるりと巻く。
こうすることで暖かさが伝わるかはわからないけれど、こうするしか思いつかなかった。
お墓に巻いてきても良かったのだけれど・・事情を知らない人からみたら不気味すぎるので辞めておいた。


プレゼントが2年越しになってしまった。
彼はどう思っただろうか。
少しでも・・喜んでくれたらいいのだけれど。
どう思っているかわからない。反応が返ってこない。
改めて寂しいと思う。会いたいと思う。
今日くらい、クリスマスくらい奇跡が起こって夢の中で彼と話せないかな。
夢の中で彼にスヌードを巻いてあげたいなぁ。
そして「ありがとう」ってはにかんでいる彼がみたいなぁ。
そんなことを思ってしまった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。