いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

124

今日は病院全体の忘年会。
それなりに楽しかった。
普段職場で声をかけづらい雰囲気の方でも、こういった場ではフランクに話せたりする。
時間が過ぎるのが早く感じた。


忘年会の席順番はくじ引きで決まる。
普段話せないような人とも話せるように・・とのことらしいが、正直隣に誰が来るかわからないのでけっこう緊張する。
しかも上座に近い場合、院長や理事長とも話さなくてはならない。
それだと逆に気を遣うので疲れてしまう。
それに病院職員全体が集まるので、席番号は200番台までいく。
どうか上座に近くありませんように・・と祈りながらくじを引いた。


出た番号は124番。上座にも近くない。
出た瞬間、あ、彼がいるのかな?と何となく思った。
124・・連想したのは1月24日。
彼と私が初めてデートした日。つきあうことになった日だ。
つきあってから、私は何度か訊いたことがある。
『私達のつきあった記念日って覚えてる?』と。
最初彼は、1月28日?とか1月17日?とか全然違う日付を言っていたけれど、何度か訂正しているうちに覚えてくれた。
記念日だから、と言って何かするわけでもなかったけれど、彼が私とつきあった日を覚えていてくれるだけで嬉しかった。


今日、124番を引いたのも覚えてるよ、傍にいるよってメッセージなのかなって勝手に良い方に解釈した。
傍から見たらただの偶然かもしれないけれど、私は嬉しかったんだ。
久しぶりにあたたかい気持ちになれた気がする。


彼がいなくなって二度この記念日を迎えたけれど、二回とも彼と最初に外食した店で夕食を食べていた。
一ヵ月後。彼がいなくなって三度目、彼とつきあって八度目の記念日を迎える。
この時はちょっと頑張って特別なご馳走を作ってみようかな。
今日、何となくそう思った。
喜んでくれたらいいな。


ちなみに124という数字に何か意味があるのか、とふっと思い、柄にもなくエンジェルナンバーというものを調べてみた。
前向きになれるように手助けしていますよ・・というメッセージらしい。
なれるんだろうか・・今は後ろ向き真っ只中!という感じだしなぁ。
少し・・いやだいぶ時間がかかると思う。
しっかりしろよって思っているかもしれないな、彼。
でも・・できたら直接言ってほしいな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。