いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

辛さの混同と虚無感

相変わらず仕事が終わるのは20時とか21時とか。
今日も病院を出たのは21時過ぎだった。
このままではマズイと自分でも思う。
体力的には問題ないのだが、余裕がなく自分の心ががりがり削られているのがわかる。


しんどい。
今日も口に出してそう言ってしまった。
少し涙を流して弱音を吐いた。
仕事が上手くこなせない情けなさ、悔しさ。
いろんなことから逃げたいという気持ち。
そして彼がいないのにここまで自分を削る意味がわからなくて泣いた。
仕事の「辛さ」と彼がいない死別の「辛さ」は混同しちゃいけないと思うけど。
今日は何か気持ちがぐちゃぐちゃだった。


何のために自分は頑張っているのか。
それを考えても答えなんて出ないし、どんな答えを提示されても納得はできないと思う。
だったらやるしかない。
理由なんて考えない方がいい。
でも時々無性に虚しくなる。
今日がまさにそれ。
この虚無感を彼がいてくれたら埋められるのかもしれないけれど、それは無理だから自分で何とかしなくちゃいけない。


生まれてくる虚無感とうまく付き合える方法、何かないかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。