いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

全てを背負う覚悟がなかった

※貼り付ける記事が多いです。すみません。







延命治療をするかどうか。
あの時自分がした、残酷すぎる選択。
彼の命の期限を切ったのはきっと私だ。


延命治療をしなかったことに後悔はない。
けど罪悪感がまったくないかというと嘘になる。


あの時の彼の状態から察するに、おそらく救命できても寝たきりになる確率の方が高かった。意識だって戻ったかどうかわからない。一生人工呼吸器が手放せなくなっていたかもしれない。
そんな状態の彼を、私が仕事をしながら支えていけるか・・と考えると無理だという結論に至った。
愛があればどうにかなる!なんてのはただの理想。
現実の介護はそんな甘っちょろいもんじゃない。
むしろ愛があるからこそ、壁にぶち当たったり上手くいかなかったりすると、それが一転して憎しみに変わることもある。
仕事上、そんな場面を何度も見てきた。


あの時延命治療をしないという選択をしたのは、彼の意思を尊重しただけじゃない。
自分のためでもあったんだ。
本当に情けないけど、私には彼の全てを背負う覚悟と自信がなかった。
でも世の中には配偶者の全てを受けいれて、必死に対応している方もいらっしゃるだろう。
その方達からみると私は多分人でなしだ。


こんなんが彼女で本当にごめんね、〇〇。
でももう謝りたくても謝れないのが、辛いよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。