いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼からの贈り物

最近愚痴ばかりなので、たまには感動したことを。少し前の話だけれど。



今からちょうど3ヶ月前。私の誕生日。

この日は研修があり、病院を出たのは19時過ぎだった。


ケーキでも買って彼と食べようと思い、空を見上げたら見事な黄昏時。

夕陽の朱から夜空の紺色まで綺麗なグラデーションだった。

車に乗るのも忘れてしばしみとれていた。


私の地元はこの頃雨続きで、夕陽を見られることが少なかった。

晴れていたとしても、地平線のあたりに雲がかかっていることが多かった。

この日だけは・・・本当に綺麗に空の移り変わりを見ることができた。

これ以上に綺麗な夕刻時の空を、私は地元では見たことがない。もちろん今も。


黄昏時が好き、綺麗な景色が見たいという私の願いを、彼が叶えてくれたんじゃないかって思えた。

嬉しかった。

涙が出そうになるくらいに。


彼がいなくなって二度目の自分の誕生日。

この空を見たおかげで、この後はとても穏やかに過ごすことができたと思う。


◯◯、本当ありがとうね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。