いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

断捨離を

昨日、ふと部屋をみて思った。
物がかなり多いな、と。
けっこう手狭になってきてしまっている。
なんだかごちゃっとした感じ。
そんな狭いアパートでもないはずなのに。
引っ越してきた当初はいい感じだったのに、なんだかんだ2年半で物が増えたんだろうな。彼の遺品もかなりあるし。


私は片づけが苦手な人間だ。
彼もはっきりとは言っていなかったけれど、彼の部屋を見る限り多分片づけは苦手だったんだろう。
だからこそ、気があったのかもしれないけれど。
そういえば彼がいなくなった後、お義父さんが「好きなものを持って行っていい」とおっしゃってくださって、彼の部屋を隅々までみた時見た目以上の物の多さにびっくりしたっけ、なんてぼんやりと思い出していた。
明らかに何年も使っていないものもあった。
お義父さんが「これは何回かにわけて運ばないとな」と呟いておられたのを覚えている。


私に、もし万一のことがあったらこの部屋を片づけるのは家族だ。
多分今のままの状態だと、相当苦労するだろう。
物多いし。何か細かいものがやたらとあるし。
一応エンディングノートには、私のものは捨ててくれて全然構わないって書いてはあるけど、心情的に難しいのは自分の経験から何となくわかる。
今日、予定もないし年末に向けて断捨離を少しずつやっていこうかな。
2015年の年末は彼がいなくなったばかりで呆然としていて、部屋の大掃除なんて情けないことにできなかったし、2016年の年末も1周忌の命日反応でやっぱりヤル気あ起こっていなかったし。
今年はきちんと計画的に片づけないと。


にしても・・・
「自分がいなくなったら困るから」という理由で行動しているあたり、私は多分生きることに関心が向いていない。
前向きではなく、後ろ向きの理由でいろいろと行動している。
まぁ、無理に気持ちを持ち上げようとしても、自分の場合逆に堕ちるだけってことがわかっているから、今はこれでよしとしよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。