いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼との旅行~お台場デート(2)~

ペアリングを買った後、ダイバーシティでビリヤードなんかをした。
私はビリヤードをするのがこの時が初めて。
キューの構え方もよくわかっておらず、全然球も転がっていなかった。
私のあまりの下手さに「ナ、ナナドゴブ、ビリヤード台のクロスを剥がさないでよ・・あれもし剥がしたら〇万円くらいするらしいから・・」なんてハラハラしてたっけ。 
彼は何回かしたことがあるらしく、構えも結構サマになっていてカッコよかった。
私が下手すぎるせいで全然ゲームになっていなかったけれど、楽しかったな。
その後はゲームセンターにも行って、はしゃいだりもしたっけ。


そして夕方。
お台場のもう一つの目的。パレットタウンの観覧車に乗った。
実は彼は高所恐怖症気味。
「俺は車椅子だから、観覧車とかには乗れないな~。ごめんねw」なんて普段から言っていた。あからさまにホッとした様子でだけど。
だから私が「お台場の観覧車だったら、車椅子でも乗れるらしいよ♪一緒に行こう!」って言うと、あからさまに動揺しながら「え・・あ、うん。」なんて言ってたっけ。


観覧車の順番につき、いよいよ私達の番。
スロープをかける必要があるため、一旦観覧車を止めていただく。
そしてスタッフの方にも補助していただき、観覧車に乗った。
扉が閉まって動き出す。
彼と観覧車。何かすごいカップルっぽいことしてる!なんて私ははしゃいでいたけれど、彼は緊張していたのか口数が少なかった。
そしてずっと手を握っていてくれた。怖かったからかもしれないが。
観覧車の窓からみる東京湾。オフィスビル街。そして夕陽。
東京の人からみたら何の変哲もない景色かもしれないが、一つ一つがとても綺麗に輝いて見えた。
それを彼と一緒に見ることができて、泣きそうになるくらい嬉しかった。
このまま時間が止まってしまえばいい。そう思った。
彼も感動したらしく、結局観覧車にはもう一度乗った。
今度は街の夜景が本当に綺麗だった。
そして天辺ではお決まりの(?)キスもした。



あの日からもう7年以上も経っている。
でもあの時の感動は多分、ずっと私の中にあると思っている。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。