いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

彼の当時の境遇を思う

2014年。
彼は転職した。
今までと業務内容がガラッと変わったし、勤務時間ものびた。
慣れない勤務環境。なれない人間関係。
相当なストレスだったに違いない。


私はその時、自分自身の転職活動で手一杯で、彼の心境や状況をしっかり考えることができていなかった。
むしろ私の方が彼に甘えていた。
本当に申し訳ないことをした。


”どうにもならないことだけど、吐き出したい”
”誰かに理解してもらいたい。頑張ってるって認めてもらいたい”
そんな思いが彼にもあったんじゃないかと思う。
その時の私はそれに応えられていなかった。


自分自身が今、仕事に追われる立場になって痛感している。
もっと、あの時彼の話をしっかり聴けば良かったと。
もっと、できることがあったんじゃないかと。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。