いつかあなたに逢いたい

2015年12月に6年付き合っていた最愛の彼を喪いました。
正直どう生きていったら良いのかわからないまま・・・今を過ごしています。

それらも全部

6年間もつきあっていたら。
楽しかった想い出ばかりじゃない。
負の感情が伴う想い出だってもちろんある。
喧嘩したとか、あの時は嫌だったとか、彼の短所とか。
でもそれらはまだいい。
大切な日常だった、と思ってきちんと思い返せる。


私が一番直視できない想い出。
それは『後悔』とか『罪悪感』が伴う想い出だ。
”あの時、何であんな冷たい態度をとってしまったんだろう”とか”もっと他にできることがあったんじゃないか”とか”忙しいと理由をつけて会わなかった時もあった。無理やりにでも時間をつくっていれば!!”etcetc.........
戻ってやり直したいと切実に思うときもある。
でもそれは絶対に叶わないことだから。
だからこそ苦しくなる。
今になって、自分の行動を激しく後悔する時だってある。


彼に関する想い出は忘れたくないけれど。
こんな想い出は思い出すと胸が締め付けられる。
だからついつい思い出さないようにしてしまう。
忘れたくない気持ちに嘘はないのに。


いつの日か。
それら全部の想い出を、愛おしいと思える日が来るんだろうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。